在来工法

在来工法とは?

在来工法とは、柱・梁・筋交い(柱と柱の間に斜めに入れる材)など、木の「軸」を組み立てて建物を支える日本の伝統的な工法。
間取りに融通がきき、大きな開口部をつくれるのが特徴。ふすまや障子で仕切り、縁側に掃き出し窓を並べた和風住宅を思い浮かべるとわかりやすい。
元来は木材にミゾを刻んでかみ合わせる職人技的な工法だが、最近は、あらかじめ工場で材木をカットしたり、材の接合部に金物を用いるなど、合理化や耐久性強化が進んでいるのが特徴である。

在来工法とは日本の風土に一番適した工法であり、家族が増えるなどの生活スタイルの変化にも柔軟に対応できる優れた建築工法である。
日本に生まれ育ったのなら、やはり在来工法で建てた住まいで幸せな生活を家族揃っておくって頂きたいものです。

新築やリフォームをする際に、安い業者様を選ばれることもあるでしょうが、長い目で見たときにランニングコストがかかり、結局良い家を建てるよりお金がかかってしまうことも多々あります。
皆様には、安全で住みやすい「本物の家」にぜひ住んで頂きたいと思います。

注文建築のご相談
  • 地震に強いツーバイフォー
  • 安心の強度重量鉄骨
  • 理想を形にデザイン力
  • 夢を育むリフォーム・リメイク
  • 舞台を創る 店舗設計
  • 日本の伝統 在来工法